menu

神奈川・横浜のナイトワークの特徴

HOME » 夜の求人・バイト情報 » 神奈川・横浜のナイトワークの特徴

神奈川・横浜のナイトワークの特徴

神奈川は東京の南に位置し、横浜が県庁所在地となっています。
人口は東京の次に多く、人口密度についても東京・大阪に次いで3番目に多い都市です。
そこで神奈川・横浜で募集がかかっている、ナイトワークの特徴について取り上げます。

横浜のナイトワークの求人は多いと思われるかもしれませんが、実は意外と少ないです。
ある求人サイトで横浜を限定して検索をかけたら、10件も出ませんでした。
横浜は工業地帯でもあるので、工場の求人の方がまだ多いです。ちなみに250件近くヒットしました。
求人は時期にもよって数は多く変わるので、たまたま調べた時期が悪かっただけかもしれません。
今回調べたのはナイトワークに特化していない求人サイトなので、少なくなるのも当然でしょう。
ナイトワークを専門的に取り扱っている求人サイトであれば、数百件単位の求人は出るかも知れません。
でも横浜は繁華街として知られていますが、ごく一部の地域だけに限った話なのです。

では横浜でナイトワークの仕事に就くのは、無理なのでしょうか。
答えは「NO」です。
数そのものは確かに少ないものの、良質な求人数が大半を占めています。
職場は東京のようにギラギラした雰囲気の店ではなく、横浜らしくオシャレな雰囲気のある店が多いです。
時給はピンキリとなっているものの、時給4000円と高額に設定されている店もあります。

また年齢が高い人でも、働ける場所があるのも横浜のナイトワークの特徴と言えます。
ナイトワークで募集がかかっている年代は、20代が中心です。
30代となるとナイトワークで働くことは、流石に難しくなるのは否めません。
でも横浜であれば、30代でも募集がかかっている店はあります。
研修がしっかりしている店が多いのも、横浜のナイトワークの特徴です。
1日体験入店を実施している所も多いので、職場の雰囲気がつかみやすいのも嬉しいポイントです。

しかしナイトワークは稼げるとは言え、本当に稼げるかどうか不安に感じている方も多いでしょう。
でも体験入店をすれば、実際の仕事をそのまま体験することができます。
体験をしてみて合うと思えば、そのまま勤務しても良いでしょう。
合わないと判断したのならば、別の店を探すのも手です。
横浜では初めてのナイトワークでも働きやすい職場は多く、仕事もすぐに覚えられるでしょう。
交通の便も良いので、通いやすいのも大きな特徴です。
憧れの街横浜で働いているというだけでも、貫禄がつくというものです。